×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴールドアリュールとは

サンデーサイレンス産駒の期待馬としてデビューし芝の新馬戦2戦目で初勝利を果たす。

その後、500万クラスで2勝目を目指すが勝ち切れずダートへと転向することとなった。すると期待通りの変わり身を見せ500万、OPと圧勝劇を演じダートの新星として期待された。ダートの番組が少ないことから日本ダービー(G1)へと駒を進めタニノギムレットの0.3秒差5着とい健闘した。これが最後の芝での出走となった。

次に大井の地方統一G1ジャパンダートダービ(G1)へ出走し断然の人気を集めた。 レースは人気に応え後続に1.3秒差を付ける大差で逃げ切り勝ちを収めた。

続く盛岡の地方統一G1ダービーグランプリ(G1)でも1.6秒差の影をも踏ませぬ圧勝劇で力の違いを見せ付けた。 東京競馬場改修工事のため中山で行われることになったジャパンカップダート(G1)に進めダートの雄アドマイヤドンとの対決が注目された。

ゴールドアリュールは2番人気でレースを迎えたが+17kgの体重増が堪えたか勝利したイーグルカフェから0.4秒差の5着に敗れた。 そのまま年末に大井で開催される東京大賞典(G1)に進め強豪と言える馬が不在なことから1番人気に支持され見事0.3秒差で優勝した。 東京改修のため中山で開催されたフェブラリーS(G1)に出走し1番人気に支持され前に敗れたイーグルカフェも出走していたが見事リベンジを果たし優勝を飾った。 その後、ステップレースとしてアンタレスS(G3)に出走し見事1着。 勢いを借りて大井の帝王賞(G1)に出走したが3.3秒差と惨敗し競走生活を終えることとなった。 サンデーサイレンス産駒では珍しいダート専門馬で産駒には芝での大物が期待されるところだ。

ゴールドアリュール血統

競走馬名:ゴールドアリュール

血統:父サンデーサイレンス 母ニキーヤ(ヌレイエフ)

父のサンデーサイレンスは、日本で活躍し数々のG1馬を産み出した大種牡馬。
3冠馬ディープインパクトを送り出し名声を不動のものとした。

母はヌレイエフ産駒のニキーヤ。

ゴールドアリュール産駒の特徴

ゴールドアリュール産駒は、 父とは違い芝、ダート問わずの活躍を見せている。どちらかと言えばパワー勝りな馬が多く芝だと時計勝負には今ひとつな印象派拭えない。
産駒一覧

種牡馬リンク

ディープインパクトアグネスタキオンジャングルポケットフジキセキ
クロフネブライアンズタイム ダンスインザダークサクラバクシンオー
キングカメハメハネオユニヴァース グラスワンダー
タニノギムレットシンボリクリスエスマンハッタンカフェ アドマイヤベガ
スペシャルウィークタイキシャトルステイゴールドキングヘイロー
マヤノトップガンアグネスデジタルマイネルラヴマーベラスサンデー
ウォーエンブレム エルコンドルパサーフサイチコンコルド